ワクワクメールのブロックリストは使ったほうがいい?解除はできる?

出会い系サイトを利用していると、業者や援助目的の女性、気の合わない女性と出会ってしまうことがあります。

このような人たちと出会ってしまった場合、ほとんどの出会い系サイトではブロック機能があります。

ワクワクメールでは「ブロックリスト」がブロック機能ですね。(2018年12月までは無視リストでした)

ブロックリストを使うことで不快に思うことなく、安心してワクワクメールを利用することができますよ。

 

ブロックリストに設定したことは相手はわかる

ブロックリストに設定したことは相手にもわかるようになっています。

「ブロックリストに設定されました」とお知らせはされませんが、相手がプロフィールを見ようとしたり、メールを送ろうとしたときに

○○さんとやりとりすることはできません

と表示されます。

もちろん日記やつぶやきも見ることが出来なくなりますよ。

ただ、ブロックされた人は「最後の1通メール」を送ることができます。

最後の1通メールとは

ブロックされた人は救済措置として、最後に1通だけメールすることができます。

最後の1通メールは定型文のみ送信することができるので、誹謗中傷されるのではないかと不安に思う人もいると思いますが、安心して大丈夫ですよ。

最後の1通メールが来たときに返信しなければ、その後やり取りは一切できなくなります

もし、このメールに返信した場合はもう1通送信することができるようになります。

自分がブロックされた場合はあきらめる人がほとんどと思いますが、誤解を解きたいときなどは利用することが出来ます。

ブロックリストに入れた相手が退会した場合

ブロックした相手が退会し、再登録したときにブロックリストから消えていたらメールが届くのではないか?と思う人もいると思いますが、ブロックリストに一度入れた相手が退会し、再登録してもブロックした状態が引き継がれていますので安心して大丈夫です。

もちろん、相手が名前を変えても引き継がれますので大丈夫ですよ。

ブロックリストに追加・解除する方法

追加する方法

ブロックリストは相手のプロフィールから追加することが出来ます。

解除する方法

マイメニューのマイリストから解除することができます。

② 

 

ブロックした相手をブロックする方法

ブロックした相手を自分もブロックしたい場合もあると思います。

しかし、プロフィールを見ることが出来なくなるのにどうやってブロックリストに入れるのかと思う人がいると思いますが、相手とのやり取りやメモが残っていれば相手をブロックすることが可能です。

やり取りの履歴やメモ一覧から相手のプロフィールに進むと

「○○さんとやりとりすることはできません」と表示されている下に「ブロックリストに入れる」とありますので、そちらからブロックリストに入れることが出来ます。

メモが残っていれば一度ブロックを解除してしまっても、再設定することができるのでメモは残しておいたほう無難ですよ。

ブロックリストと見ちゃイヤリストの違いについて

名前だけ見ると、ブロックリスト見ちゃイヤリスト同じような機能に思えますが、全く異なる機能になります。

ブロックリストは相手とやり取りを全く出来ないようにするための機能ですが、見ちゃイヤリストは複数の女性にアピールしたいときなど、やり取りしている女性に掲示板で募集をしていることを秘密にしたいときに使う機能になります。

見ちゃイヤリストはやり取りを続けながら、ほかの募集をしていることをバレなくする機能です。

複数の女性とやり取りする場合は設定しておいてほしい機能ですよ。

見ちゃイヤリストとは?→ワクワクメールの利用がバレないようにプロフィールを検索されないようにしたほうがいい?

 

ワクワクメールのブロックリストは使ったほうがいい?解除はできる?のまとめ

出会い系サイトを利用していると1人はイヤな相手に出会うことがあります。

もしイヤな相手に出会った場合や、業者とわかった場合はブロックリストを上手に活用しましょう。

もし、間違って入れてしまった場合でも解除も簡単にできるので安心ですし、相手が名前を変えたり、退会後再登録してもブロックリストは継続するので安心して利用することが出来ますよ。

ワクワクメール(R18)へログインはこちら

 

 

 

初心者におすすめできる安心・安全な出会い系サイトTOP3
 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールバナー